引越しの繁忙期で費用を安くする方法とは

繁忙期の引越しが決まって焦っている人へ

引越しは自分でやると大変

繁忙期(シーズン)の引越し費用は高いから引越し日を変えれるなら閑散期に変更した方が良いと言っているサイトがあります。

 

しかし、現実的に1ケ月以上も予定日をずらせる人は少数派でしょう。そこで、このサイトでは繁忙期に引っ越ししなければいけなくなった人たちのために、元引越し屋の管理人が少しでも安くできる方法を考えていきたいと思います。

 

<目次>

 

具体的な時期はいつなの?

まず最初に知らないといけない事は自分の引越し希望日が果たして繁忙期なのかということです。引越し繁忙期はゴールデンウィークのように特定の日にちが決まっているわけではありません。

 

一口に3月と言ってるサイトも多いですが、3月であっても上旬と下旬ではトラックの予約状況は全く違います。あえて、引越しの繁忙期をいつと言うなら3月の中旬から4月の上旬まで。その中でも3月末、金土日の週末が特に忙しくなります。もちろん祝日である春分の日も同様です。

 

その証拠にサカイ引越センターのカレンダーを見ると、3月の上旬の平日は赤字覚悟の日に設定されています。お仕事の休日や家賃の締め日が影響しているのでしょう。

 

これらの日が引越し希望日ならばとにかく早めに動き出すことが重要です。あまりに見積もり依頼が遅いと安くするどころかトラックの予約すらできない状況になりかねません。

 

 

3月、4月の忙しい日はそんなに料金が高いの?

「高いって言ったって限度があるでしょ」と思っている人がいるかもしれません。だって作業自体に違いがないのですから、そう思う人がいても無理ありません。

 

しかし引越し繁忙期の見積もりは実際に働いていた私が驚くほどの料金差がありました。20年ほど前の話しですが、バブルが弾けたこともあり年々安くなっていた引越しの相場で入社当初は10万15万が当たり前だった4t車の引越しも暇な日は8万から6万と採算度外視の料金で受注されることが多くなっていました。

 

だからこそ、繁忙期は引越し業者にとって年間を通じた赤字を取り戻す唯一の機会。4t車で30万ぐらいの引越し料金は当たり前のように受注していました。

 

移動が遠い長距離引越しなどは100万以上の繁忙期料金を提示されるお客様もいたのです。暇な月の3倍ぐらいの割増の相場と言っても過言ではありませんね。

 

でもセンターではアルバイトを大量に雇って、現場作業をさせているのがこの時期。料金が高いのにも関わらずサービスの質は低いというお客様にとっては腹立たしい状態です

 

だからこそ、少しでも早めに努力をしてできるだけ安い引越し費用で契約しましょう。

 

 

繁忙期に安い引越し業者を探すオススメの方法

繁忙期に安い引越し業者を探すには、まずは早めに動き出すことが何よりも大切です。予定日が迫っている中で、引越し業者に見積もり依頼してもトラックの予約状況がほぼ埋まっている繁忙期では足元を見られることでしょう。まず安めの見積もりなんて出てきません。

 

さらに大切なのは「できるだけ多くの引越し業者に早めに見積もりを取る」たったこれだけで、最終的な引越し費用に数万円の差が生まれます。この時期はとりあえず高めで見積もりを出しておこうと考える業者も多いので、一社だけで決めるのは非常に危険なのです。

 

でも業者毎のホームページに訪問して、見積もりフォームから各社微妙に異なる引越し条件を入力していくのは思っているよりも面倒です。

 

そんな時に活用してほしいのが一括見積もりサイトです。

 

一括見積もりサイトなら入力は一度だけであなたの条件に合致した複数の引越し業者に見積もりを依頼できます。条件自体が一緒なので、本当の意味で料金比較できるのも大きな魅力なのです。

 

ぜひ一括見積もりサイトを活用してあなたに合った繁忙期の最安値の引越し業者を見つけてください。

 

 

まだまだある格安引越しのコツ

工夫次第でまだまだ引越し費用は安くなります。ここでは繁忙期でも格安の見積もりを獲得するためのコツをいくつかご紹介します。

 

訪問見積もり前の荷物整理

訪問見積もりへ行くと、「捨てる物が多いのでダンボールは今の半分ぐらいになると思います」などと言われるお客様がいます。しかしそういった言葉を全面的に営業マンは信用しません。

 

本当に捨てるつもりだろうと、あまり捨てられない前提で見積もられる可能性は高いでしょう。正直言って、そんな状態で荷物量を正確に把握できる営業マンも少ないと思います。

 

トラックの大きさが一段階も変われば2万3万と料金アップすることもありえます。ムダに大きなトラックで契約されないためにも特に引越し繁忙期の訪問見積もり時には、可能な限り荷物を整理しておきましょう。

 

午後便やお任せ便の活用

繁忙期に引越しするという日程を変更できないのならお昼から作業する午後便や到着時間を引越し業者都合のお任せ便にすると繁忙期であっても安くなる場合があります。

 

引越し業者は繁忙期に可能な限り多くの引っ越しをこなしたいと思っているので、1日に2件、3件といった配車も珍しくありません。午後便やお任せ便を選ぶことで、引越し業者としても多くの件数がこなせるので見積もりも安くしてくれるのです。

 

ただし、まれに大幅な作業遅延によって真っ暗な中で引っ越しを行わなければいけない場合もあるということを覚悟しておかなければいけません。

 

積み切り便の依頼

大きな家具や電化製品だけ運搬してもらう積み切り便であればトラックも一回り小さな物で済むので、相対的に料金は安くなります。実際、新居が近くの人はダンボールは自分で運ぶので大きな物だけ運んで欲しいと言って積み切り便を利用されるケースが多いのです。

 

ただし、営業時に約束した分を運んでもらえなかったと揉めることがあるのもこの便の特徴です。トラブルを避けるためにも自分の依頼した物が契約書にしっかり記載されているか十分な確認が必要です。

 

梱包用ダンボールを自分で用意する

ただし、荷物が多い家族引越しの場合はスーパーに置いてあるようなダンボールは梱包用としておすすめできません。ダンボールのサイズが不揃いだと、積み重ねにも苦労するし、強度的にも問題がある場合があります。

 

必要なダンボールの数が多い場合は最近、引っ越しした知り合いからもらうのが現実的な方法です。

 

一人荷の単身引越しの場合は、数が少ないのでサイズについてはそこまでシビアに考えなくてもよいでしょう。ただし、集めるダンボールはできるだけ頑丈な物を選びましょう。

 

不用品を買い取ってもらう

まだまだ新しい荷物であれば、リサイクルショップや引越し業者の中でも買取をしてくれるところがあります。特に単身用の冷蔵庫や洗濯機などは需要が高い商品です。

 

実家に帰ったり、結婚したりとその後使う予定が無いのであれば、買い取ってもらえれば荷物量が減って引越し料金が安くなり、買取料も手にできるというわけです。

 

特に長距離引越しの場合は運搬費用も高くなりがちですので、本当に運ばなければいけない物なのか検討する価値はあるでしょう。

 

 

引っ越しの疑問 こんな時どうなる?

引っ越しの準備を進めていく中で予期しない出来事が色々と起こります。忙しい繁忙期だからこそ、気軽に業者に聞けないかもしれません。そんな時にどうすればいいのか、ここではまとめてみました。

 

梱包が当日までに間に合わない

早い段階で梱包が間に合いそうもないと分かっているのなら、できるだけ早く依頼した業者に連絡を取ってみることです。

 

梱包ができていない状態で引越し当日を迎えると、最悪の場合には荷物を運んでもらえないこともありえます。早い段階なら梱包プランに切り替えることができるかもしれませんが、前日や当日に言われては引越し業者も対応しようがない場合があります。

 

特に繁忙期などの忙しい時期は、プランの切り替えが難しくなります。できるだけ早く連絡しましょう。

 

食器の梱包はどうすればいいの?

梱包プランで契約した時は、業者が専用の保護材(ミラマット等)を用意しますが、通常は新聞紙などを活用すれば問題ありません。

 

ただし、お皿などは立てた状態で置く、新聞紙はいったんくしゃくしゃにしてクッション性を高めるなどの工夫が必要です。

 

またガラスと陶器を隣り合わせないようにした方が良いでしょう。どうしてもする必要が生じた場合は普通よりも多めに新聞紙を詰めましょう。

 

荷物の保管をしたいんだけど

荷物保管がある場合は引越し費用が高くなりがちです。引っ越し自体も2回する必要があり、保管費用も期間が長引けば長引くほど高くなります。

 

このような場合は、2度の引越しによって割引きが受けられる業者を探しましょう。保管についても自社にトランクルームを持っているような業者であれば値引き交渉の相談に乗ってくれる場合もあります。

 

また保管費用を日割り計算してくれるかどうかも意外な決め手になる場合もあります。これらの点を考慮に入れて、総合的に引越し費用を比較しましょう。

 

引越しがキャンセルになってしまった

引越しのキャンセルに関する規定は国土交通省が定める標準引越運送約款に記載されています。それによると前々日までのキャンセルであればキャンセル料は掛かりません。

 

ただし、すべての引越し業者が標準引越運送約款を採用しているとは限らないので、キャンセルの可能性があるならあらかじめ確かめておく必要があります。

 

どちらの場合にせよ、できるだけ早く連絡するのが正解です。

 

不要品を処分して欲しい

引越し業者に不用品を処分してもらうこともできますが、処分量が多くなると費用も高額になります。また一日に件数をこなすような繁忙期の引っ越しでは不用品によって次の現場の荷物が積めなくなるために敬遠されがちです。

 

例えば自治体の大型ごみ回収を依頼しておいて、収取場所までの不要品の運び出しを業者にお願いするなどすれば費用も安く抑えることができます。

 

そういったお願いごとをする場合は、くれぐれも業者同志が受注合戦を繰り広げている見積もり時にしてください。

 


引越し侍公式サイト:https://hikkoshizamurai.jp/